12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2017-09-30 (Sat)
今回の旅は不思議なことに3度も夫婦に間違えられました(・_・;)
嬉しいやら恥ずかしいやら気まずいやらで… 反応に困りました。

彼と少し離れて一人でいると、店員の男性に話しかけられました。
「新婚旅行ですか?」と聞かれて思わずどぎまぎ。
「いえ、普通の旅行です」と、とりあえず答えると
「一緒にいる男性、カッコイイですね」と言われました。

何年も見てきてその姿に見慣れている私でも未だにカッコイイなあと思う時は多々あるのだけれど、やはり他の人に褒められると彼って本当にカッコいいんだなーと実感します。
そしてまた、私は落ち込んでしまうのです。
隣にいさせてもらっているのが、こんな大して可愛くも綺麗でもない女でごめんなさい、といったような申し訳ない気持ち。

しかし夫婦に間違われるのって、初めての体験だったのですが
実際夫婦じゃない関係の二人だとなると気恥しいものですね。
彼氏彼女ですらないんだけどなあ(笑)
にほんブログ村 恋愛ブログ 主従関係恋愛へ
にほんブログ村 大人の生活ブログ 大人の主従関係恋愛へ
| つぶやき |
2017-09-29 (Fri)
第1弾より少しだけ長い旅から帰ってきました。
今回はただ、楽しいだけではなく
色々考えさせられる旅でした。

ここ1年前くらいからでしょうか。
私は彼に対して距離を感じることが多くなっていました。
側にいるのに自分とは別世界の人間に見える、といったような感じ。
だからこそ尊敬しているし憧れの対象でもあるのだけれど。それが少し寂しく感じるのも事実でした。

普段から彼の凄さを知っているつもりだけれど、今回の旅ではその凄さが大きな距離となって私の心に複雑な感情を生ませました。

私なんかが彼の隣にいていいんだろうか。
彼が私なんかと居て楽しいんだろうか。
遊んでもらっているだけでも奇跡みたいなものだ。
賢くない上に見た目も良くない、こんな女となぜここまで付き合ってくれるんだろうか。きっと都合がいい女の一人だからだろう。それしか答えが浮かばない。

ずっと一緒にいられたら、なんておこがましい考えに思えてしまいました。

私が彼といて経験できることは、私が子供の時に憧れていた世界なのです。悲しいくらいに。
そして私が憧れていた男の人が彼のような人。そのまま。
憧れを目の前にしてしまうと怖くなるのかな。 にほんブログ村 恋愛ブログ 主従関係恋愛へ
にほんブログ村 大人の生活ブログ 大人の主従関係恋愛へ
| つぶやき |
2017-09-17 (Sun)
もやもやすることたくさんあるし
からかわれたりして、なんでそんなこと言うの?って悲しくなるし怒りも覚える時あるし
適当なところとか雑に感じて嫌になるときもあるけど

結局は好きなんですよね。
好きじゃないと悩まないし考えもしない。
そんなのでもうここまで何年もやってきてるんだから、多分もう嫌いになれないし興味なくなることもない。
逆に、なれるものならどんなに楽なのかなとすら思う。
私の心はいつも彼のことばかりだったもん。思い返せば。
懐かしいな。遠距離だった時、会えない3ヶ月間ずっとずっと彼の事考えてた。
会った時の事思い出してはまさに喜怒哀楽で。いろんな感情で心が揺さぶられて。
連絡頻繁に取ってなかったのにずっと心の中にいた。

たくさん会うようになった今でも私の心の中は変わらない。
なんでこんなに好きなんだろう。
自分でもわからない。
もっともっと素直になれたらいいのにね。
こんなに想ってるのはさすがの彼も知らないと思う。 にほんブログ村 恋愛ブログ 主従関係恋愛へ
にほんブログ村 大人の生活ブログ 大人の主従関係恋愛へ
| つぶやき |
2017-09-17 (Sun)
世の中に自称Sの男性は多い。
別にそれ自体は構わないし、そうなんだーで終わる話なのだけれど
つい最近また自称Sの男性に
「君は基本Sだよね。Mではない。Mの子から感じられるものがないもの」と言われた。
私が他人からSだと言われることはわりと珍しくないし今までも何度かあったのだけど、彼らはいったい私の何を見ているんだろうと不思議に思う。
単に強気で自分の意思を固く持っている人をSだと彼らはいうんだろうか、とすら思ってしまう。
聞いてもいないのに世間話の延長で「俺はSだ!」という人がサディストであったことを私は見たことがない。これは個人的な意見。

バカバカしいなー
そんなことを思いながら、私は少し嬉しくなる気持ちも抱いていた。
他人からSだと言われている私が、彼の前だけでは心も体も支配されている事実。これをMというのかはわからないけれど。きっとこの自称Sの人が知ったら驚くだろう。
「君こんな子だったの?」って。
それくらい違う私の姿。
彼だけに見せる姿。他人は知らない私の姿。
「男に夢中になるタイプではないよね」ともいわれたけれど。笑ってしまう。
夢中すぎて死にたくなるほど大好きな人がいるんですけど、って。

変な話でこんなことがあって、私は彼が好きなんだなと実感してしまいました。 にほんブログ村 恋愛ブログ 主従関係恋愛へ
にほんブログ村 大人の生活ブログ 大人の主従関係恋愛へ
| つぶやき |
2017-09-15 (Fri)
信頼関係が固い二人は最強だと思う。

信頼関係、それってどうやって築いていくんだろう。
知らない間に、意識せずとも築かれていくものなんだろうけど。
これが固ければ、疑う気持ちとかなくなるのかな。

今まで言われたマイナスな言葉をたまに思い出しては「あれが本音なんだろうな」と沈む。
そう思うことで自分を守っているんだろう。
浮かれすぎるな、相手に迷惑をかけるなって。

信頼したいけれど、今までそんなものなしで生きてきたからいまさら難しい。
心を開きかければ黒い声が内側から聞こえてくる感じ。
信じたらまた傷つきますよ、って。

信じたい、信じたくない。そんなジレンマに挟まれている。
これ一生続きそうな気がします。困った私の性格。治したいなら治さなきゃね にほんブログ村 恋愛ブログ 主従関係恋愛へ
にほんブログ村 大人の生活ブログ 大人の主従関係恋愛へ
| つぶやき |