123456789101112131415161718192021222324252627282930
2018-05-30 (Wed)
彼と長いこと一緒にいると、離れた時寂しい。
同じ空間にいないのが寂しい。
次会えるのは遅くても一週間後なのに、1日1日が遠くに感じる。

気持ちも落ち込んでくる。

彼と今年2度目の海外旅行にいってきました。
場所が観光向けでもなかったから、お酒を飲んでご飯を食べてゴロゴロしたり、やることは日本とあんまり変わらないんだけど楽しかったです。
あ、ちなみに道具も持っていっていたからプレイではビシバシ打たれたりも。幸せでした。
途中で彼を怒らせちゃって殺されかけましたが。。ここも日本といる時と変わらず、ですね。
反省、反省です。



旅行中、お酒を飲みながらボッーとしていたら途端に悲しくなってきた。
いつかはこの光景を思い出しては懐かしむのかなと思って。
きっと10年後には彼が隣にいなくなっているんだろうと。
いつまでも一緒、なんてのは理想だけど私が生きているのは現実。
理想が現実になるのって奇跡だと思う。
自分ひとりの努力で理想が叶うものならばそれは努力の生んだ素晴らしい結果だけれど。
努力だけでは叶わない理想もある。

だから、今のこの関係は奇跡。
予想もできなかったこと。

悲しくなったのと同時に彼に対してもっと従順でいたいなと改めて思いました。
どんなことがあっても大好きだから。
大好きな人と一緒にいられる時間はとても大切なもの。

彼の存在がとにかく好き。 にほんブログ村 恋愛ブログ 主従関係恋愛へ
にほんブログ村 大人の生活ブログ 大人の主従関係恋愛へ
| つぶやき |
2018-05-19 (Sat)
子供の時は周りから精神的に大人だとよく言われていた。
そう言われても私としては実感がなくて、普通だろうと感じていた。

でも最近の私は、当時より子供なのだと実感した。

当時の私も嫉妬心はかなり強い方だった。
怒りっぽい性格でもあった。
でもそれを愛する人に酷く嫌がられた。
それでも私はその人が好きで仕方がなかった。
嫉妬心を乗り越えて、愛しているならなにもかも受け入れようと決意した。
だからワガママをいうのもやめた。
傷つくことをされても、それがその人にとって悪気がないものならば黙って我慢した。
そしたらその人は私に愛を向けてくれるようになった。
私はそれがとても嬉しかった。
いつの間にか嫉妬心も微かに抱いていた憎しみも綺麗に消え失せていた。その人が幸せそうで、私もその幸せを作り出す一部になれているのなら満足になっていた。
ちなみにその人というのは、母なのだけれど。

当時の私が出来たことを今の私がなぜできなくなっているのか。
子供に戻っているからだろう、悪い方向で。
私はまた当時みたいになれるのかな。
私の信じる愛の形を突き進んでいきたい。 にほんブログ村 恋愛ブログ 主従関係恋愛へ
にほんブログ村 大人の生活ブログ 大人の主従関係恋愛へ
| つぶやき |
2018-05-17 (Thu)
私が彼のペットになりたいと思った理由。
ご主人様が自分の全てで、大好きで仕方が無くて、なにをされても付いていきたいと思ったから。
ご主人様にはご主人様の生活があって、家族がいて恋人がいて友達もいて。だから毎回毎回構ってもらえるわけじゃない。
それでもたまに構ってもらえたら嬉しくて仕方なくてたくさん甘えて大好きを伝える。
そんな存在になりたかったから、ペットになりたいと志願した。

なのに、今の私はぜんぜんそんな存在になれていない。
構ってくれないと不安になって、私のことなんて好きじゃないのよねって拗ねてしまう。
しかも超絶可愛くない拗ね方をして迷惑をかける。
今の私は理想の私からかけ離れていて。酷い状態。
ペットなのに人間のエゴが強く出ていて。

私がペットになりたいと思った理由、それにはもうひとつ自分のためでもある理由があった。
私は人間の汚い部分が嫌いで気持ち悪いと思う。
その部分というものはいろいろあるけれど。そこから離れたかった。
彼の前だけでは、そんな汚い人間でない私で常にいられたらと思った。
でも現状は…汚い。

分かってほしいとか、理解してほしいとか、こうなってほしいとか。
相手に求めている時の自分が嫌い。
そんなの勝手じゃない。
私には彼しかいなくて彼の存在が好きすぎて仕方ないのは事実なのに。 にほんブログ村 恋愛ブログ 主従関係恋愛へ
にほんブログ村 大人の生活ブログ 大人の主従関係恋愛へ
| つぶやき |
2018-05-16 (Wed)
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
にほんブログ村 恋愛ブログ 主従関係恋愛へ
にほんブログ村 大人の生活ブログ 大人の主従関係恋愛へ
| つぶやき |
2018-05-10 (Thu)
お酒が入ったら甘えられるけれど、シラフの時に甘えるのって恥ずかしい。
嫌がられたら、とか思うし。

この間いつもみたいにお家の近くまで車で送ってもらったのだけれど、ずっと一緒にいたからお別れするのも寂しくて車から出たくなかった。

「物足りないけど帰らなきゃね」
と私がシートベルトを外すと
「ん?ここでぶち込まれたいの?それはちょっと難しいな」
と笑う彼。
違いますー!と思わず私も釣られて笑う。

私が欲しかったのは最後のお別れのキス。
前日に何度もしてもらったからか、また欲しくなってしまって。欲深いのを自覚しつつ。。
でも、シラフだしそんなの自分から言うのが恥ずかしくて。

私の考えなんて見え透いている彼。
物足りないって言うのはそういう意味じゃなくてね、ともじもじする私に
「どうした?言わないと分からんぞ」
とからかってくる。
こんな感じになった彼には敵わない。
私から白状しないとスルーされてあっさり帰られちゃう。
そんなのは、物足りない。。

「バイバイのちゅーは?」
勇気を出して言ってみた。

この言葉、すごーく懐かしい言葉だったりする。
出会いたての頃は毎回サヨナラをする時に私から言っていた。
いつの間にか言えなくなっていたけど。
ここ数年はまた言えるようになった。(ほんのたまにしか言えないけど)
私にとってはとても勇気がないと言えない言葉。
甘える言葉。おねだり。恥ずかしいこと。

「えー(笑)」
そういって周りを見渡す彼。

そして、
ばいばいのちゅー(///_///)

たった3秒間くらいなんだろうけれど、すごくすごく満たされる時間。

なんだか出会った頃を思い出して、気持ちが暖かくなりました。
昔からドキドキさせられるなあ。 にほんブログ村 恋愛ブログ 主従関係恋愛へ
にほんブログ村 大人の生活ブログ 大人の主従関係恋愛へ
| つぶやき |