12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2017-04-11 (Tue)
彼の知識の豊富さに惚れ直してしまう。
存在自体が大好きで仕方ない。

なんで私なんかの相手をしてくれるのか考えると、暇つぶしや惰性に違いないと感じるのも
彼があまりにも私とはレベルが違いすぎる人間だからなんだと思う。

私は彼以外の男の人に主導権を握られたくもないし握らせることもしない。
私が下の立場なんて耐えられない。
けれど、彼にだけは私の上に立っていてほしいのかもしれない。
昔はそれも嫌だったけど。対等でありたかったけれど(むしろ上の立場に立ちたいために反抗してみたりもしていた)
今でも対等な立場で愛されたらどんなに満たされるのかななんて考えることもあるけれど。

時が経って、徐々にあるいは急激に私たちの関係も変化していって
今はそう感じられている。
この人だけは私より上の立場にある人、それほど私が心を開けている相手であること
そんな人に触れてもらえる幸せ。
わがままばっかりいっておまけに素直になれなくてごめんなさい。
とても大好きです。 にほんブログ村 恋愛ブログ 主従関係恋愛へ
にほんブログ村 大人の生活ブログ 大人の主従関係恋愛へ
| つぶやき | COM(2) |
コメント

















管理者にだけ表示を許可する