12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2017-01-18 (Wed)
SMバーで女王様に檻に入れられたことがあります。
その檻というのは、テーブルの下に設置されていて
そのテーブルの周りには遊びに来ているお客さんがUの字に囲むように座れます。 

一人の女王様が私のお相手をしてくれていたのですが(ろうそくを垂らして遊ばれたり、腕を縛られたりとか)
「檻あるよ。入ってみる?」といわれました。
私は興味本位で、ドキドキしながら「はい」と答えました。

全く知らない団体のお客さんが座っている席の、机の下についている檻に四つん這いになって、入りました。
首輪とリードをつけられているので、良い子にして入らないと苦しくなるのは私です。

入ってから、なにか女王様にお相手してもらえるのかな?と思ったら
リードを手に持ったまま女王様は他の方の接客をされ始めました。

他の知らない団体の人の見世物になる私。
女王様、こっち向いて。構って。なでで。リードひっぱって。なにかアクションを起こして。
私はそんな気持ちでずっと四つん這いになって女王様を見つめていました。
しかしなかなか私のほうを見てくれない女王様。
それでも手にしっかり握られているリードをみると「私の存在、他の人の接客をしていてもそこにあるんだ」って思えて。
しばらく放置プレイが続いた後、やっと女王様が私のほうに歩み寄ってきてくれました。
私の目線は四つん這いでかなり下のほうになるので、足元から女王様を見上げるような感じになります。
檻ごしに女王様が私を見てニコッと笑いかけてくれました。
お金を払って遊んでもらっているのはわかっているのですが、キュンとしてしまいました。
しゃがみこんで檻に手をまわす女王様。
檻が開きました。
私がのそのそと出ていき無言で女王様の胸にとびつき黙って顔をうずめました。
今思うとなんでそんな風に素直に甘えてしまったのかわかりません。お酒の力もあったのだと思います。
頭をなでなでされて「可愛いね」と言われたことはとても嬉しかったです。

私は美しい女性がとても魅力的に感じるところがあります。
レズビアンなわけではないのですが(多分)、綺麗な人に付いていきたいという漠然とした願望も持っています。
そこのSMバーの女王様はみなさまお美しいです。
すらっとした細身で、鋭い冷たい目つきをされていて、妖艶に微笑んでくれて、立ち姿も歩く姿も座る姿も凛々しい感じ。
職業としての女王様かもしれませんが
私はそんな女王様に、首輪をされて命令をされて行動を支配されることにとても興奮してしまいました。

主従に性別は問わないのかもしれません。
そんなことを思い出した今日でした。 にほんブログ村 恋愛ブログ 主従関係恋愛へ
にほんブログ村 大人の生活ブログ 大人の主従関係恋愛へ
| つぶやき | COM(0) |
コメント














管理者にだけ表示を許可する