12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2017-06-28 (Wed)
一年ほど前くらい、散歩中の犬を見ては「犬になりたい」と強く思っていた時期があった。
飼い主にかわいがってもらって餌をもらえて撫でてもらえて死ぬまでお世話をしてもらえる。
いいなあ…ただ、そう思っていた。

最近プレイ中は口を塞がれていることが多い。
話すことが出来ない私。
言葉を発することが出来ないと表情や動き、声にならないうめき声のようなものでしか彼と意思疎通ができない。
日常生活の中で当たり前のように意思疎通の手段として使われている言語を彼の手によって奪われるということは、私の中で「この人に従わなければならない」という気持ちを強くさせるらしい。
話すことが出来ない私の頭を撫でつつ責めながら「いい子だね」と言われた時、私は「ああ、今私の犬になりたいという願望は叶えられてるんだ」と幸せな気持ちで満たされていた。

人間の私に戻るとその夢は覚めてしまうことがある。それが寂しい
従順さにスイッチがあるのは私の心の問題。
常に従順なマゾさんを見ると羨ましくなる。
きっと心が強い方達なんだと思う。
私の心は弱い にほんブログ村 恋愛ブログ 主従関係恋愛へ
にほんブログ村 大人の生活ブログ 大人の主従関係恋愛へ
| つぶやき |