123456789101112131415161718192021222324252627282930
2017-04-12 (Wed)
苦手なお客さんからの連絡が急に途絶えた。
もう必要性よりも面倒なのが勝っていたし、ここ最近普段より冷たい接し方をあえてしていたから
やっと気付いてくれた!と内心喜んでいたのに。
「体調悪くて連絡できなかった。心配かけたくなかったから伝えていなくてごめん」とかいうメールがきてガックリ。

こんなこと、本当に多々あることだから今更どうこう思わないけど。
勘違いさせるのは仕事とはいえ、彼等には疑う心が無いのか?とすら思ってしまうときがある。
心配なんて一切してないから私から連絡ひとつもよこさないわけなのは考えたらわかるじゃん。
この子は俺のことを好いてくれている、というのがスタートラインなのもすごくおかしい。
「君に嫌われたくないんだ」という人、たくさんいたけど
まずあなたのこと最初から嫌いだから。と思ってしまう。
いかにうまく勘違いさせるか(良く言えば楽しませるか)っていうのがお金になる世界。
何年かやっていくうちにお客さんに対して同情の念を覚えることが多くなった。
男性って疲れているんだな。男性ってよほど優しくされたいんだな。って。
でもこれは男性に限ったことじゃないか。ホストにはまる女性もこんな感じなんだろうし。

あーだるいだるい。
また交わして交わしての日々が始まるのか。
この人の苦手なところは自慢しかしなくて声が大きいところ。それに加えてプライベートばかり誘ってくるところ。
新しく買ったハイブランドの服やカバンや時計を見せられて「すごーい」って反応するのもう飽きた。
見せられても私にくれるわけじゃないし。
世間で成金が嫌われている理由がわかったきっかけになった人。
人間的に悪い人かいい人かは知らないけれど、私の苦手なタイプ。 にほんブログ村 恋愛ブログ 主従関係恋愛へ
にほんブログ村 大人の生活ブログ 大人の主従関係恋愛へ
| つぶやき | COM(2) |
2017-04-11 (Tue)
彼の知識の豊富さに惚れ直してしまう。
存在自体が大好きで仕方ない。

なんで私なんかの相手をしてくれるのか考えると、暇つぶしや惰性に違いないと感じるのも
彼があまりにも私とはレベルが違いすぎる人間だからなんだと思う。

私は彼以外の男の人に主導権を握られたくもないし握らせることもしない。
私が下の立場なんて耐えられない。
けれど、彼にだけは私の上に立っていてほしいのかもしれない。
昔はそれも嫌だったけど。対等でありたかったけれど(むしろ上の立場に立ちたいために反抗してみたりもしていた)
今でも対等な立場で愛されたらどんなに満たされるのかななんて考えることもあるけれど。

時が経って、徐々にあるいは急激に私たちの関係も変化していって
今はそう感じられている。
この人だけは私より上の立場にある人、それほど私が心を開けている相手であること
そんな人に触れてもらえる幸せ。
わがままばっかりいっておまけに素直になれなくてごめんなさい。
とても大好きです。 にほんブログ村 恋愛ブログ 主従関係恋愛へ
にほんブログ村 大人の生活ブログ 大人の主従関係恋愛へ
| つぶやき | COM(2) |
2017-04-08 (Sat)
小さなことで私はつまづく。自信を喪失する。
やっぱり私なんて、と。

友達が当たり前のように、彼氏から愛されているんだといっていて羨ましく思った。
彼女達は相手を疑わない。
相手からの愛情を素直に受け止めている。
「彼は私のことが好きだからここまでしてくれるのよ」と。
私にはそんなこと言えない。
彼が私にしてくれていることは、ほかの女性にもしているものだと思っている。
私だけ特別に扱われるなんて無いと思っている。
たまに嬉しい言葉をもらってもそれは彼の気分で言った言葉に過ぎないと思っている。
いつ捨てられてもおかしくないと思っている。

私だけが好きすぎて苦しくなる。
私はもしかして愛を欲しているのかな。
おこがましいよね。愛してくださいなんて
愛される人間じゃないから今のような結果なのに

私は欲深い。
今のままでも十分幸せをもらっているのに

叩かれたい。
痛めつけられてこんな私は苦しめばいい。
自分勝手なマゾ。 にほんブログ村 恋愛ブログ 主従関係恋愛へ
にほんブログ村 大人の生活ブログ 大人の主従関係恋愛へ
| つぶやき | COM(2) |
2017-04-07 (Fri)
彼以外の人とする食事やお酒の席がとても嫌で仕方が無いです。
仕事の付き合いだから仕方ないけれど。
つまらないし苦痛だし笑ってるのもしんどい。
楽しいふりして相手が喜んでくれるのは嬉しいけど、家に帰って疲れがどっと溢れる。
ストレスで過食にも拍車が掛かるし。

誘いをずっと断ってきて、そろそろ行けるかなと思ったけどやっぱり無理だった。
拘束時間長すぎるのよ。本当にああいう席って。
またうまく断り続ける日々が続くと思うとそれも気が重い。
断ったら不満そうな顔されるのが目に浮かぶ。
やだやだやだやだ。
食事って気を許していない人とすると味わうことも出来なくなる。勿体無い。

なんで私が嫌がってるのが相手には伝わらないのかと疑問に思うことが多々ある。
みんな自分勝手だな。私もそうかもしれないけど。
数回断られたら普通は嫌がってるってわからないのかしら。

疲れた時に彼に会いたくなる。
空気感に癒されるから。
彼はほかの人たちと違ってこんなことしない。他人の気持ちを察するのに長けているから。だから好き。
ほかの人と比べるといかに彼が素晴らしい人か実感する。 にほんブログ村 恋愛ブログ 主従関係恋愛へ
にほんブログ村 大人の生活ブログ 大人の主従関係恋愛へ
| つぶやき | COM(0) |
2017-04-05 (Wed)
苦痛が9割を伴うプレイに加え不安定な私の心のせいで、彼との間に衝突が生まれて話し合いになった。
あれから約2か月。
お互い分かり合えていなかった部分を話し合えたし、結果的には良かったとも思う。
あの話し合い以来、体に激しい痛みを負うプレイもされていない。
これでいいはずなのだけれど…
なぜか私は戸惑っている。

彼とのセックスはとても気持ちが良い。
けれど、その快感にただただ溺れさせられていていいのだろうかって。
痛みもなく、不安にもさせられない安心感のあるセックス。これが正しいはずなのに。
私は心のどこかで満足していない。錯覚かな?錯覚だと思いたい自分がいる。

最近のプレイは数年前の感じを思い出させる。
私が気持ちよくさせてもらって、少し強引にもされるけれどそれは私が望んだやり方で。私は身を任せて興奮すればいいだけ。多分世間一般でいうソフトSM。

これでいいじゃない。
それにまだ話し合い後数回しか会っていないから、たまたまそんなプレイが続いているだけ。
でもこれがずっと続いたら…と思うと少し心が寂しくなる。
あんなに嫌がっていた、痛くて苦しくて涙が出て死にそうになるプレイをまた私は望んでいるの?
分からない。自分でも。
彼はどうなんだろう。私に気を遣って優しくしてくれているんだろうけれど、それで彼は本心から楽しめているんだろうか。

かといって、また前のようなプレイに戻りたいかといわれたらそれは首を縦に触れない。
だって心も体もどんどん削られていくんだもん。きっとあれを続けていたら私は壊れていた。というか一度壊れた。
でも話し合いができて理解が広がった今ならまた違うのだろうか。

考えていたらよくわからなくなってくる。
私っていったい何を望んでいるんだろう。
このこと以外にも、いろんなこと。

でもやだな、今のプレイで彼が本心から楽しんでくれていなかったら。
うん。それが一番不安なのかもしれない。 にほんブログ村 恋愛ブログ 主従関係恋愛へ
にほんブログ村 大人の生活ブログ 大人の主従関係恋愛へ
| つぶやき | COM(0) |
2017-04-04 (Tue)
飲食店でのこと。

一応高級店が立ち並ぶところにあるとある小さな鉄板焼き屋さんに行きました。
カウンター側に座った私たち。目の前では4人の店員さんがせっせと働いていたのですが、
どうやらその中の1人は新人さんらしく、明らかに厳しく指導されているのがこちらにも伝わってきていました。
まあ、大変そうだなー。なんて思いながら最初は特に気にしていなかったのだけれど
だんだんその指導のキツさが店が忙しくなるにつれて増していきます。
2人の男性(おそらく店長と副店長)と1人のアルバイトらしき女性、新人さんという少人数でまわしていたのですが
基本的に女性が新人さんに教えている感じ。
その女性の第一印象は「顔立ちが整った美人」というもので、
やはりこういうところの飲食店で働く女性は綺麗なんだなあとおもっていたのですが
新人さんに苛立ったように「だから今さっき教えたよね?」とか「もう早くあっち行って」などとぶっきらぼうに言っている姿を見ていると
だんだんその女性が美人に見えなくなっていってしまって。

女性だけでなく副店長らしき男性も本当にキツイ言葉を新人さんに浴びせていて
教育するという姿勢ではなく、苛立ちをぶつけているだけのように見えて不快でした。
せっかく美味しいお料理がでてくるお店なのに、店員同士の嫌な言葉を耳にいれながらの食事は気分が良い物ではない。
なぜそれが客の立場になって考えられないのかしら?と思ってしまいました。
地元のきれいとはいえないような定食屋さんならまだしも、一応おしゃれっぽい風貌なお店なのに…

しかし、人の振り見て我が振り直せとはまさにこのことで。
私も苛立っていたりすると人に冷たくしてしまうことがたまにあって。マイナスな言葉とかも口から出てきてしまうことも多々あって。
そんな時きっと表情はあの女性のように嫌な顔をしているんだろうなあ、と思うと改めなければいけないと感じました。 にほんブログ村 恋愛ブログ 主従関係恋愛へ
にほんブログ村 大人の生活ブログ 大人の主従関係恋愛へ
| つぶやき | COM(0) |
2017-04-03 (Mon)
「今日はノーパンで来てよ」
初めて言われた時すごく拒んだ私。
だって、二人だけの空間でなく外をノーパンで歩くんだよ?有り得ないでしょう。
エロとかそんなもの感じてる余裕が無いし、なぜそんな命令をするのかという彼の気持ちも全くわからなかった。
ノーパンでデートすることに意味はあるの?常時興奮するわけじゃないでしょ?なんでそんなことをさせるの?
浮かぶのは疑問ばかり。
この時期から彼との本格的なプレイが始まったからなのもあるからかもしれない。今までならそんな発言、されることもなかったから。

結局、その時はハッキリ断った私。
「それなら別にいい」と言うだけの彼。

私の中で生まれるもやもや。
なんだろう、このもやもやは。
これから会えるっていうのに今のままだと会うのが少し気まずいような、、気まずいというか百楽しめなさそうなのが目に見えるというか。

家に迎えに来てくれる彼を待っている間私は考えた。
脱ぎたくない、本当に?
プライドを高く掲げて彼にも接してきた今までの私。
それももう彼の前では崩してしまっていいのだと思い始めている。
ならば、この彼の言葉に従ってみるのもいいんじゃない?

よし、脱ごう。
自宅のトイレで私服にノーパンになる私。
服を着ているのにパンツを履いていないということがおかしな感じ。
「脱ぎたくないし私はそういうことやりませんから」
そう彼に言ったのに脱いでいったらどんな反応をされるだろうか、ドキドキした。

彼が迎えに来てくれたとの連絡が入ったので、合流をする。
いつも通り振る舞う私。
彼もとくに変わりのない態度。

しばらく他愛のない話をしてドライブをしたあと、彼の手が私の太ももに伸びた。
ドキッとする。
その手がするする、と上の方に伸びた時だった。
「えっ!」
彼も驚いた。私はとたんに恥ずかしくなる。
かと言って何も言えずに俯く私。
あなたのために脱いできたの、なんて素直にいえないもん。
「これは…可愛いね」
彼の声のトーンで喜んでくれているのがわかった。
「あんなに嫌がってたのにね」
そういいながらまさぐられる私。
濡れてきているのが自分でもわかる。
私が彼の言葉に従うことで喜んでもらえることがただただ私にとっては嬉しくて。

未だにノーパンで来いという彼の気持ちはわからないけれど、この間のデートで久々に指示をされてこんな昔のことを思い出してしまいました。
にほんブログ村 恋愛ブログ 主従関係恋愛へ
にほんブログ村 大人の生活ブログ 大人の主従関係恋愛へ
| 飼い主さま | COM(2) |
2017-04-02 (Sun)
気になっていたアディクションのマニキュア、購入しました。
すごくいい感じ。さすが口コミが良いだけある。
色が上品でジェルネイルみたいな仕上がりになる。
egutamのまつげ美容液も素晴らしい。
私まつげは短い方でそれがコンプレックスだったのですが、見事にこれのおかげで克服されました。

女に生まれてよかった、と思うのはおしゃれをするのが楽しいとき。
そしてそれを見せたい人がいること。
反応はとくに返ってこないけれど^^;
でも「見てほしい」と思えることだけでモチベーションが上がるのです。
少しでも可愛いとか魅力的だとか感じて欲しいから。 にほんブログ村 恋愛ブログ 主従関係恋愛へ
にほんブログ村 大人の生活ブログ 大人の主従関係恋愛へ
| 美容 | COM(0) |
2017-04-01 (Sat)
普段変態プレイをしているのに、平和なデートをしていると不思議な気持ちになる。
美味しい物を食べてぶらぶら散歩して他愛のない会話をして笑ったりして。
すごーく幸せな時間。
私が私のままでいられて素直に物事を楽しめて居心地のいい時間。

もちろん体を触ってもらえたり、苦しみの先に悦びがあるそんなときも幸せを感じるけれど
同じ幸せでもベクトルが違う、のかなあ。

人としての幸せと女としての幸せ?かな。自分でも深く考えたことが無かったから曖昧。
私はどちらの時間も彼に与えてもらって生きる喜びをもらっている。
だから衝突したときに何度か、彼が体の関係を無しにするか提案してきたのに対して「とにかくそれだけはイヤ!」と思ったんでしょう。
この二つがどちらか欠けてしまったら、幸せが大きく欠けてしまうんだもん。

こんな気持ちはさすがに重すぎて伝えることはできないけれど。
ここまで人を好きになれてそれだけでも幸せだな。生きていてよかった。 にほんブログ村 恋愛ブログ 主従関係恋愛へ
にほんブログ村 大人の生活ブログ 大人の主従関係恋愛へ
| つぶやき | COM(2) |
2017-04-01 (Sat)
お互い気分屋なわたしたち。(彼は私より10倍くらい気分屋だけど)
互いのタイミングがよくないと本当に些細なことでぶつかる。

お泊りの夜、後はもう寝るだけって時に
彼から言われた注意になぜか素直に謝れず言い返してしまった。
少し険悪になる空気。そこで大きな喧嘩をすることはなかったけれどお互い背中を向けて寝た。

朝起きて、なんで昨日は謝ることができなかったのかという後悔が私を襲った。
彼も昨日の夜のことを覚えていたら機嫌がすごく悪いかもしれないな、そんな危惧をする。
謝ったほうがいいかな…と思っていたら彼が目覚めて動き出す。
いつもは言う「おはよう」がないので、少し緊張する。やっぱり怒ってる?
言葉を交わすことの無いままひとつのベッドで過ごす2人。
会話は無いのだけれど、なんとなーく彼は私が思っているほど怒っていない気がした。
怒っていたらもっと空気がピリピリするもん。
じりじりと彼に無言で体をくっつけて寄り添ってみる。少しだけ勇気を出して。
突き放してこない彼。よし、嫌がられていない。
(ここで機嫌が悪い場合「近寄るな」とハッキリ言われるか私から離れていくのです。すごく悲しい瞬間)
昨日のことがありながら体を触れることを許してくれているということは彼が私に譲歩してくれたということだ。

はあ、なんて寛大なのでしょうか。
そう改めて感じる私。昨日のことは私が明らかに悪かったんだもん。
今回だけじゃなく最近はこういった失敗が何度かあったから、ますますそう感じた。

不思議なもので、体をくっつけているだけで空気というものは変わる気がする。
ぽつぽつと会話がそこに出てきた。
うん、彼の声のトーンもいつも通り。もう気にしていない、といった感じ。
そのあとはいつも通り仲良く時間を一緒に過ごせた。

結局改めて謝ることができなくて少しもやもやしている。
けれど、今回はタイミングを見つけられなかったのでこれから改善していくという反省の方法を取っていきたいと思う。
反省反省。最近は会うたび反省が続いてるなあ。ダメダメだ。 にほんブログ村 恋愛ブログ 主従関係恋愛へ
にほんブログ村 大人の生活ブログ 大人の主従関係恋愛へ
| つぶやき | COM(0) |