2017-01-30 (Mon)
どうしても気分の波が落ちてる時は悪いことばかりに考えがいってしまう
たくさんの良い思い出、大切な思い出さえも今は無き過去のように思えて。
それなのに私の頭は、過去の悪い思い出はずっと引きずっている
良い事は置いといて悪いことばかりが思い出される
もう何年も昔の、聞きたくなかった彼の発言に心を縛られている
幸せな時はこのマイナスな感情も吹き飛ぶんだけど、マイナススイッチがはいると押し寄せてきて

どうせ私は、っていうのが根底にあるから
こんなことの繰り返し

どうしたら安心できるのって言われたら答えはないかもしれない
それに私の深層心理は安心を求めていないのかもと最近は考える
安心出来る環境に自分を置こうとしないんだもん

不安にかられて、自分の首を絞めるのが好きで
自分が傷ついているくらいが丁度いいと思っている
そうでなければ
私なんかが幸せいっぱいに浸っていることはいけないことだと考えている

だから虐げられるくらいが丁度いいんだって

優しくされて安心感を与えられて幸せいっぱいになった時
嬉しくて嬉しくてたまらなかった。同時に「こんなのいつまでも続くわけがない」っておもった
だから私はその幸せに身を任せることが出来なかった
手に入れたものを自ら壊しに行った
壊れる前に壊したかったのかもしれない

結局現状は私が導いた答え。

苦しくないと幸せも感じられないのか にほんブログ村 恋愛ブログ 主従関係恋愛へ
にほんブログ村 大人の生活ブログ 大人の主従関係恋愛へ
| つぶやき | COM(0) |
2017-01-30 (Mon)
気分の波は人より激しいほうだし、不安と安心感だと不安のほうがいつも付きまとってる

私は彼以外の男性といると居心地が悪いと感じることはたしかだけど
彼が同じ気持ちだとは考えられない。
あれほど素敵な人なのだから、周りにはもっと綺麗で美しい(内面的にも)人なんていてもおかしくない
その関係がどんなものにせよ、私よりきっと魅力的なひとはたくさんいる
そして私と比べたときに「あいつは対して良くないな」と思われていそうで。
勝手に落ち込んでしまう

こんな気持ちを言ったところで困らせることは明確だから言わないけど
とても気分が下がっているときに口に出してしまったことがある
そのときは「そんなことないよ」といってくれて
私にとってプラスな言葉をかけてくれたけど。でもあれはきっと優しさから出てきた言葉だろうし
その時はそうだとしても今はどうかなんてわからない。
だから日々私は魅力的になっていきたいと思うのに
自信がついてくることは難しくて…

私は気持ちの見返りを求めているのか、それとも一番と認めてほしいのか
そんなもの求めること自体好きじゃないのに
どうしても不安になるとしてしまうんですよね

言葉なんて発せられなかったらいいのにと思うことがあります
考える力も、ここまでいらない気がします
私なんで人間に生まれてきたんだろう
犬や動物に生まれてきて、おとなしくずっと側にいられる存在になれたら
余計なこともしゃべれないし。そんな風になりたい にほんブログ村 恋愛ブログ 主従関係恋愛へ
にほんブログ村 大人の生活ブログ 大人の主従関係恋愛へ
| つぶやき | COM(0) |